癒しのプロ「アロマセラピストになるには」をお教えします!

HOME » 「アロマセラピストになるには」マニュアル » どんなところで働ける?

どんなところで働ける?

ここでは、アロマセラピストの資格取得後、どのような職場で活躍できるのかをご紹介しています。

アロマを使った仕事ならなんでも!

アロマセラピストの主な仕事場といえば、リラクゼーションサロンを思い浮かべる方が多いかもしれません。

複合サービスが受けられる大手サロンや、癒しをメインにしたサロン、足ツボやハンドマッサージ専門のサロン、リゾート施設のサロンから個人サロンまで…アロマセラピストは、幅広い分野のサロンで癒しを提供しています。

最近では産婦人科などのクリニックやスポーツジム、また自分で開業される方までその幅はどんどん広がっています。

技術・資格を手に入れてしまえば、国内外ので活躍も可能。海外のリゾート地等でアロママッサージを提供している日本人もたくさんいます(アロマには国際資格もありますので、海外を目指す人は取得しておきましょう)。

また、アロマセラピストの資格を取得していても、施術をしない方もいます。施術よりオイルのブレンドや生活での活用をするのが好きで、アロマショップの販売員になったり、人に教えることが好きでインストラクターになったり。

普通は講師になるには別資格が必要だったりしますが、アロマセラピストの資格取得条件が「アロマの基礎的な資格を持っていること」なので販売も講師も勤まるのです。

アロマサロン・ショップ以外でアロマ資格を活かす

アロマサロンやショップ以外でも、さまざまな場所でアロマの知識を活用できます。

  • アロマで癒しの空間を作り上げる空間デザイナー
  • 初心者向けアロマテラピーの本を出す
  • アロマを使った介護の現場での癒し+マッサージのケア
  • 医療の現場でのケア
    (「メディカルアロマ」のページで詳しくご紹介しています)
  • 部屋の芳香剤のメーカーで新しい香りを研究する
  • 化粧品などの開発研究に携わる
  • アロマオイル、関連商品を店舗に供給する立場になる

などなど、アロマに関する仕事は、そこに癒しが必要とされている限り、多くの可能性があるのです。

多くの選択肢の中から良いアロマのお仕事に巡り合えるよう、色々と考えてみてください。

 
 
 
完全版・アロマセラピストになるにはガイド