癒しのプロ「アロマセラピストになるには」をお教えします!

HOME » 「アロマセラピストになるには」マニュアル » 医療現場で役立つ「メディカルアロマ」

医療現場で役立つ「メディカルアロマ」

ケガ、病気などをしたとき、私達の体には自然治癒力が働きます。これを何らかの形で目覚めさせ、最大限に高めることを「統合医療」と呼び、薬に頼らない新しい医療のかたちとして医学的にも注目を集めています。

統合医療には様々なかたちがあり、代表的なところでは漢方やサプリメント、整体、アロマ、リフレクソロジーなどが上げられています。どれも安全で効果的であり、痛みや経済的負担が少ないのが特徴です。

メディカルアロマで治癒力を最大限に引き出す

例えば、患者さんが頭痛を訴えているとすれば、普通は痛み止めを出しておしまいですよね。ですが、統合医療では頭痛の原因をしっかり分析、患者さんのライフスタイルや環境・性格なども含めて改善法を提案します。

メンタル面に関連する原因であれば、「メディカルアロマ」の出番。ヒアリングした内容を元に、患者さんにぴったりのアロマオイルを調合し、ストレスを軽減。本来の自然治癒力を発揮させ、通常より早く健康を手に入れることができるのです。

医療現場でのメディカルアロマ活用度

患者さんの自然治癒力を高めるため、現在、様々な医療現場では統合医療の可能性・必要性が重視されてきています。

アロマテラピーは、精神不安を抱えた人が多い心療内科や、大きな手術前後の不安軽減ケア、妊産婦さんへのケア、看護師・介護士さんへの精神ケアなど、あらゆる心のストレスを軽減できる可能性があるとして注目を集め、需要が高まっているんです。

メディカルアロマは、一般のエステサロンと違って疾患を抱えた方々を対象とした施術ですので、医学知識も必要ですし患者さんへの責任も重いです。その代わり、通常のアロママッサージよりずっとやりがいがあり、患者さんの「ありがとう」に感動できる仕事なんですよ。

メディカルアロマの資格とは?

医療現場だけでなく、サロンやオフィス内のカウンセラーとしても活躍できる「メディカルアロマセラピスト」。その資格には、以下のようなものがあります。

  • 日本統合医学協会の認定試験
  • JMAA認定メディカルアロマテラピスト
  • ICAAメディカルアロマセラピスト
  • IFA認定アロマセラピスト(メディカルアロマの専門資格ではないが、持っていると有利)

これらの資格は、「認定校での履修→修了試験に合格」といった流れで取得することができます。認定校は協会ごとに異なりますが、1校で複数資格が取得できるところもあります。

医療現場への就職実績や取得できる資格の種類などを調べた上で、スクールを選ぶのがおススメです。

 
 
 
完全版・アロマセラピストになるにはガイド