癒しのプロ「アロマセラピストになるには」をお教えします!

HOME » 「アロマセラピストになるには」マニュアル » 資格は必要?

資格は必要?

アロマセラピストになるには、国家資格のような公的な資格はありません。そのかわり、民間団体等が独自に資格試験を設け、知識と技術がアロマセラピストとしてふさわしいかどうかの判定をしています。資格は必須ではありませんが、取得しておくべきだといえます。

エステサロンやアロマサロンは、力量不明・まったくの素人かもしれない新人よりも、しっかり勉強して一定水準以上の知識と技術保持の証である資格を取った人を採用するのは当たり前。個人開業だとしても、壁に資格取得の賞状が1枚あると無いとでは、お客様からの信頼が桁違いなんですよ。そのため、何かしらの資格を持っている方が、アロマの世界では大半なんです。

多くのアロマスクールの最終目標は資格取得なので、スクールの授業をしっかり受講していれば、卒業する頃にはほとんどの方がアロマセラピストの資格保持者になっているはずです。
認定校となっているスクールの場合は、資格に対応するコースを修了することで試験免除となることもあります。このあたりは、スクールに確認してみましょう。

ちなみに、コース修了時に「ディプロマ」を発行しているスクールがありますが、「ディプロマ」は一般的には卒業証書のことを指します。発行したスクールの直営店などでは有効かもしれませんが、一般的に資格とは言えないのではないでしょうか。

また、一口に資格と言っても民間団体等が設けているということもあり、その発行団体の資質、つまりクオリティーの高さが取得した方の知識と技術レベルを担保すると言えますね。資格を発行する団体を見極めるポイントとしては、日本国内or海外の団体か、全国で統一した基準の教育レベルか、団体の方針を理解する、などが挙げられます。

アロマセラピストの資格(AEAJ編)

ここでは(社)日本アロマ環境協会(AEAJ)の資格をご紹介します。協会の認定校に通えば、試験や講習が免除になる場合がありますので、詳しくは各協会にお尋ねください。

アロマテラピーの資格はいくつかに分かれています。主に「アドバイザー」「インストラクター」「セラピスト」となっており、それぞれ資格取得者の活躍分野が異なります。また、国内の民間団体もいくつかあり、団体によって資格の名称が異なるのでその点も注意してください。

  • アロマテラピー検定
    …アロマテラピーを自身で楽しんだり、家族・周囲の人に楽しんでもらったりする程度の知識のみを問う。1級・2級があり、どの級からでも受験可。一般の人もよく受験する検定。
  • アロマテラピーアドバイザー
    …精油の販売店や家庭で、精油の使用を安全に行うために、安全性や法律面の最低限の知識を持った人を認定する。試験はありませんが「協会員になる」「検定1級に合格している」「認定講習会を修了する」という条件があります。
  • アロマテラピーインストラクター
    …文化教室やアロマスクールで、家庭での使用レベルのアロマテラピーを啓蒙・普及し、精油の正しい使い方と安全面、法律面での知識を備えた人を認定する。試験は筆記と小論文。さらに「アロマテラピーアドバイザー」であることが必須条件です。
  • アロマセラピスト
    …プロとして他の方をアロマトリートメントできる能力がある人を認定する。試験はまず筆記・小論文。合格後2年2ヶ月以内に、実技とカルテ審査(実際に決められた人数に施術を行い、その結果や経過をカルテにまとめる)があります。

アロマセラピストの試験は片手間で受かるようなものではありません。確実に合格を目指すなら、基礎からしっかりと勉強+試験講習免除が受けられる認定校で学ぶのがオススメです。

 
 
 
完全版・アロマセラピストになるにはガイド