癒しのプロ「アロマセラピストになるには」をお教えします!

HOME » 「アロマセラピストになるには」マニュアル » アロマセラピストの気になる年収は?

アロマセラピストの気になる年収は?

癒しブームの中、アロマセラピストとして働きたい人は年々増加傾向にあります。もちろん働くためには、アロマセラピストとしての知識や技術が要求されます。
民間団体が設けている資格試験などはその目安となりますが、これは公的な資格ではないため実際に就職する際にどれだけ有利になるかは不明瞭なところですね。

せっかく学んだアロマを生かして仕事をしたい、と考えている方のために、アロマセラピストの年収について検証してみました。

ここでは、実際にアロマセラピストとして働いている人たちの口コミなども交え、わかりやすく説明していきます。

ずばり年収はどれくらい?

アロマセラピストの収入は、実はそれほど高くはありません。年収でいうと、およそ300万円、月収でいうと15~20万円くらいということになります。

これは、一般的な同年齢の平均給与からみると、決して高い方ではないようです。アロマセラピストの社会的な地位がまだそれほど高くないことがわかります。

アロマセラピストの資格そのものが日本ではまだ認知度が低く、民間独自の資格であることやエステやマッサージなどに付随したリラクゼーションの一環として考えられているところもあり、なかなか厳しいようです。

しかしながら、アロマによるリラクゼーション効果やそれぞれのアロマが持つ効果など、自然派の療法が注目されているのも確かです。

アロマセラピストとしての年収を増やすための裏ワザ

アロマテラピーそのものは近年認知度もウナギ上りで、エステサロンや病院、ホテルなどさまざまな施設で活用されています。

アロマセラピストの資格を持つだけでなく、同時にエステティシャンやアロマテラピーインストラクター、アロマテラピーアドバイザーなど関連資格を取ればさらに職種が広がるだけでなく、年収アップも期待できます。

エステティシャンならエステサロンで活躍できますし、インストラクターやアドバイザーの資格を持っていれば個人開業なども可能です。

アロマセラピストの仕事は、自分の興味や目的次第で可能性がどんどん広がる職種だといえるでしょう。

アロマセラピストの本音を聞きました!

◆28歳 女性 年収300万円未満

社会人として働きながらアロマセラピストの資格を取り、自分のお店を持ちました。お客様は仕事帰りの方も多いので、必然的に夜は遅くなります。当然、仕事の時間は長くお休みもなかなか取れません。

収入もあまり上がりませんが、とにかく楽しい!やりたかったことなので毎日が勉強で、もっと技術を磨きたいと意欲がわいてきます。お客様の喜んでいただく顔がすごくうれしくて、やめられません。

◆30歳 女性 年収300万円未満

お給料は、正直少ないと思います。仕事自体も体勝負なところがあり、自己管理も仕事のうちです。

ただ、お客様に直接触れる仕事なのでやりがいは感じています。毎日自分自身もアロマに包まれているので、きついですが充実しています。

◆26歳 女性 年収300万円未満

とにかくお給料は安いです。サロンに勤めていますが、指名のお客様を増やさなければお給料は低いままです。だから頑張らなければそこまで。
その代わり、勉強して技術アップしていけば指名が増えるので頑張り甲斐はあります。

もう少し休みが欲しいですね。それと体力的には長く続けられる仕事ではないかなとは思っています。
でも、やめられないのはやっぱりアロマの魅力かなーと思ったりもしています。いずれは自分のお店を持ちたいなというのが夢です。

 
 
 
完全版・アロマセラピストになるにはガイド