癒しのプロ「アロマセラピストになるには」をお教えします!

HOME » 「アロマセラピストになるには」マニュアル » アロマセラピストって?

アロマセラピストって?

ここでは、「アロマセラピスト」について、改めてどのようなお仕事なのかをご紹介しています。

「アロマセラピスト」とは?

ハーブや花、果実などから抽出されたエッセンシャルオイルを使ったリラクゼーション法のことを「アロマテラピー」と呼びます。

「アロマセラピスト」とは、アロマテラピーに使われる香りに関する知識と、癒しを与える様々な技法を学んだのち、リラックス効果や幸福感を促進させる仕事に従事する人のことです。

アロマセラピストは癒しのプロとして、リラクゼーションサロンはもちろん産婦人科クリニックや開業まで、活躍の場は広がっています。お客様に満足していただくため、香りの知識だけでなく、様々な分野のマッサージ(美肌・痩身・リラックスなど)も習得しなければなりません。

癒しをとことんまで追求したプロ、それが「アロマセラピスト」なのです。

似ているけど違う?アロマの仕事

資格が取れるアロマセラピー講座などは、いつも通信講座で大人気になっています。ですが、これらの資格のほとんどは「アロマセラピスト」を目指すものではないんです。

詳しい資格の種類については「資格は必要?」ページで説明していますが、これらの通信講座は「アロマを販売する人・アドバイスする人」向け。なので、転職を考えているOLさんが会社に通いながら通信教育を受けてアロマの資格を取り、「アロマセラピストとして、サロンで働きたい!」と思っても、断られてしまうケースがほとんどなんです。

アロマセラピストの資格は国家資格ではないので、資格取得は強制ではありません。しかし、知識や技術の証しとして資格を持っていれば、就職も非常に有利になるんですよ。

サロンで施術するアロマセラピストを目指すのであれば、「協会認定校」と呼ばれる資格取得に特化した専門学校に通って勉強し、卒業&合格を目指すのが一番の近道です。

 
 
 
完全版・アロマセラピストになるにはガイド