癒しのプロ「アロマセラピストになるには」をお教えします!

HOME » アロマセラピーの基礎知識 » アロマオイルの抽出方法

アロマオイルの抽出方法

ここでは、アロマテラピー検定にも出題される、精油の抽出方法について解説しています。


水蒸気蒸留法

現在ほとんどの精油がこの水蒸気蒸留法で抽出されています。理科の実験で蒸留法を習ったことがある方もいるかもしれませんが、その応用です。

原料となる植物を高温の水蒸気で熱すると、精油の成分が気化します。気化した精油は水蒸気に混ざって冷却層へと流れ込み、冷やされることで気体から液体へと凝縮。油は水に浮くので、上層から精油だけを取り出すことができます。下層に溜まっている水の中にも精油は溶け込んでいるので、フローラルウォーターとして利用されます。

【水蒸気蒸留法で抽出される精油】
イランイラン/ラベンダー/ゼラニウム/ティートリー/ペパーミント/ユーカリ/ローズマリー/ジュニパーベリー/カモミール・ジャーマン/カモミール/ネロリ/ローズオットー/クラリセージ/メリッサ/スイートマージョラム/パチュリ/レモングラス/サイプレス/ブラックペッパー/ベチバー/サンダルウッド/フランキンセンス/ミルラ など


圧搾法

柑橘系の果皮から抽出する場合に利用されている抽出法です。ローラーや遠心分離機などでつぶす(圧搾)ことによって精油を抽出します。

【圧搾法で抽出される精油】
オレンジスイート/グレープフルーツ/レモン/ベルガモット/マンダリン/ゆず など


油脂吸着法(アンフラルージュ法)

油脂が芳香成分を吸着するという性質を利用した方法です。まず、牛脂や豚脂、オリーブオイル(無臭のもの)などに芳香成分を吸着させます。それを繰り返していくうちに、香り成分が多く混ざっているポマードという脂ができあがるので、エタノールを混ぜて、香り成分をエタノールに移します。そしてエタノールだけを揮発させて精油を抽出します。古い抽出方法で、手間がかかるため現在はほとんど使用されていない抽出方法だそうです。

【油脂吸着法で抽出される精油】
ジャスミン/チュベローズ など


揮発性有機溶剤抽出法

油脂吸着法に代わって普及した抽出方法。石油エーテルやヘキサンなどの揮発性のある溶剤に原料の植物を入れると、精油の成分が出てきて固まり、コンクリートと呼ばれる物質になります。エタノールでコンクリートから精油成分を分離させ、精油を得ることができます。こうして抽出した精油は「アブソリュート」と呼ばれ、高品質な精油として扱われています。

【揮発性有機溶剤抽出法で抽出される精油】
ローズ・アブソリュート/チュベローズ・アブソリュート/ジャスミン・アブソリュート など


超臨界流体抽出法

1970年代に開発された抽出方法。圧力をかけると液化する、二酸化炭素などの気体を溶剤として利用します。二酸化炭素には、高圧状況下に置かれると精油成分をつよく吸着するという性質があります。装置内で二酸化炭素が気体と液体の中間(超臨界状態)になるよう圧力を調節して、二酸化炭素に精油を吸着させます。そして再び二酸化炭素だけを気化させることにより、精油だけが残るという仕組み。上質な精油が抽出できることで画期的な抽出方法だったですが、この方法は装置にコストがかかってしまうため一般的ではないようです。

【超臨海流体抽出法で抽出される精油】
カルダモン/クローブバッド など

 
 
 
完全版・アロマセラピストになるにはガイド