癒しのプロ「アロマセラピストになるには」をお教えします!

HOME » アロマセラピストになった先輩達のお仕事例 » 独立開業したCさん

独立開業したCさん

ここでは、スクール卒業後に自宅開業を果たしたCさんのお話をご紹介しています。

自宅でサロンを開業するメリット

ー 自宅開業を選んだ理由を教えてください。
「私は、派遣として働きながらスクールに通ってアロマの資格を取ったんです。資格取得した時は、将来的にはアロマの仕事をしたいと思っていたけれど、今すぐに転職できるような状況ではなかったので、とりあえず自宅のマンションで知人友人相手にアロマをやろうと思ったのがきっかけ。本職になるまえに、経験を積む準備期間のつもりで始めたんですが、口コミでお客さんが増えてきたので、サロンには勤めずに今の形態でやって行こうと決めました。」

ー 自宅ならではの施術メニューなどはありますか?
「そうですね、私の場合はネイルかな。アロマで全身リラックスした後に、ネイルもやってもらえるサロンがあればいいのに…と前々から思っていたので、派遣をしながら時間があるときにネイルスクールにも通ったんです。個人のお店は独自のカラーを出していくことが大事なので、新しい癒しを提供できないかと常に考えていますよ。大手のお店とかだと、コース内容が固定になってしまいますけれど、個人開業ならお客様が『今日はこうしたい』『こんなメニューもあったら嬉しい』という声をすぐに反映できますからね。」

サロン開業にかかる費用は?

ー 仕事をしていてよかったなと思うことは?
「自分で開業しているので、集客も接客も、何もかも全部自分の責任。サロンより苦労は遥かに多いと思いますけれど、その分お客さんがリピートしてくれたときの感動、感謝の言葉が胸に沁みます。また、頑張れば頑張った分だけ売上金額も返ってきますから、ダイレクトにやる気に直結しますよね。やる気が出る、さらに勉強する、自分の身になる、お客さんも喜ぶ・・・の繰り返しなので、軌道に乗ってからはいい事尽くめですね!」

ー 開業の際に、苦労したことを教えてください。
「先ほど軌道に乗ってから…と言いましたが、軌道に乗るまでが本当に大変で。自宅で友人相手に施術をすることから始めて、口コミで広めてもらって。それだけじゃ売上が足りないから、近所に自作のビラをポスティングしたり、ホームページを作ってみたり。効果がなかなか出なくて、苦しい時期ももちろんありました。けれどその中で、私のお店を気に入って宣伝し続けてくれる人がいたり、PCに詳しいお客さんがいたりして、そんな方たちに助けられて今の状況まで辿りつけたので、もう感謝の気持ちでいっぱいです。皆さん、今でもうちのお店の常連さんなんですよ。私の通ったスクールは開業指導も充実していたので、いろいろ相談にも乗ってもらいました。」

ー ちなみに、開業費ってどのくらいかかりました?
「揃えるアイテムの質によると思うんです。なるべく費用は抑えつつも、品質に妥協をしない範囲でベッドの値段を予定より下げたり、趣味で買い揃えたアロマオイルを仕事に使ったり。棚や小物など雰囲気に合わせて買ったものもありますが、全て低予算で抑えて、開業自体は全部で20万くらいだったかと。自宅だったので、生活感が出ないように目隠しするのは結構大変でしたけどね。」

今後のサロン経営・アロマセラピストとしての展望

ー 今後もアロマのお仕事を続けますか?
「はい、もちろん。でも、アロマだけに留まらず、癒しに関する様々な知識を取り入れてスキルアップして、どんな要求にも対応できるサロンを目指していきたいと考えています。施術に限らず、アロマスクールを開いてもいいし。スクールと施術を並行すれば、お客さんも増えて売上も上がるから一石二鳥ですね。こうやって売上のこともちゃんと考えていかないと、自宅開業は務まりませんから(笑)」

個人サロンに大切なことを教えていただきました。Cさん、ありがとうございました

 
 
 
完全版・アロマセラピストになるにはガイド